f1
代表幹事挨拶・TAMA研への御誘いタイトル画像

 「TAMAマネジメント研究会」は、1993年(平成5年)6月、社団法人日本経営士会東京支部の研究会として故山本㓛先生提唱により立川市で発足しました。 この多摩地区はわが国最大の中小企業集積地域で技術開発型中小企業などが多く集積していると同時に、多くの経営士が地域企業の経営支援に関わっていました。

 当時、経済産業省の「産業クラスター計画」に於いて「TAMA」とは、「技術先進首都圏地域」(Technology Advanced Metropolitan Area)として、埼玉県、東京都多摩地区、神奈川県にまたがる広域の産業集積地を指していましたので当研究会は「TAMAマネジメン研究会」と名付けられました。通称「TAMA研」「タマ研」と呼ばれています。

 近年の第4次産業革命の急激な技術革新により金融、物流、文化交流などで世界ボーダレス化が急速に進んでいる反面、これに抵抗する声も聞こえるなど国際競争は益々激化すると共に複雑化しており、中小企業も高度なマネジメント能力が求められています。この成長と変革を続ける経営環境の中で、事業経営者や技術者、実務者などを支援する経営コンサルタントは、まず自ら切磋琢磨しなければなりません。

 「TAMAマネジメント研究会」は、毎月、立川にて定例研修会を開催しています。経営支援能力の向上を目指して、経営士・診断士・社労士・税理士・技術士・弁護士など各種専門家が集まって研鑚している他に、企業を訪問して実践的な経営相談なども行っています。

 研修会予定表をご参照ください。個人の方も事業者の方も参加資格は問いません、実践的なマネジメントを研修したい方を歓迎致します。費用は表示されている会費のみです、お気軽にお申込みいただきご参加ください。       

TAMA研代表肖像画像

TAMAマネジメント研究会
  代表幹事  松尾 實